新たに発売しましたトタン小屋(1/80、1/87スケール)の塗装工程についてご紹介します。 一例として参考になれば幸いです。 塗料はラッカー塗料を推奨しています。 今回はサーフェイサーは吹かず、ラッカー塗料をそのまま筆塗りした後、 タミヤウェザリングカラーでウェザリングを施してみました。 パーツ番号「1」の本体は、パタパタと組み立てた後に塗装して、...
製品のご紹介 · 2020/11/02
東京の古い雰囲気が残るエリアを取材していると、 いい感じに錆びたとても素敵なトタンに頻繁に出会います。 もともと別の目的で色々と取材していたのですが、 度々目にする素敵なトタンの魅力に徐々にはまっていきました。
製品のご紹介 · 2020/10/29
動物フィギュアの販売を開始しましたのでお知らせいたします。 1/48スケールの3Dプリント製品(未塗装)になります。
ご報告 · 2020/10/19
イカロス出版の雑誌「N.(エヌ)12月号」の特集の中で、梅桜堂のキット「3軒続きの看板建築1/150スケール」をご紹介いただきました。 Nゲージキットの最新事情を紹介する楽しい特集ですので、よかったらご覧になってみてください。 10/20発売です。
製品のご紹介 · 2020/09/27
「3軒続きの看板建築」 1/150スケールの販売を開始しました。 既に販売している1/80、1/87スケールからの展開になります。 1/80、1/87の繊細さを残しつつも、凹凸を強調して各パーツも少し大きめにデフォルメしたので、 手のひらサイズで何となくかわいらしいイメージになりました。...
製品のご紹介 · 2020/09/26
「縁台」と「路地入口の門」を発売しましたのでお知らせいたします。 「縁台」は約1/83、「路地入口の門」は1/150と約1/83がございます。 梅桜堂の建物キットは、HOゲージ用としては1/80と1/87があるのですが、 そこまで厳密なスケールが必要ないと思われるアクセサリーについては、 両方対応できるように約1/83としています。...
製品のご紹介 · 2020/09/03
久しぶりに完成見本を作る機会がありました。 せっかくなので軽く撮影しておきました。 しばらく1/150の制作を進めていたので、1/80は迫力がありますね。 ↓「中島商店」と「荒物屋」の1/80
製品のご紹介 · 2020/08/16
なんだかんだと忙しく、「3軒続きの看板建築」1/150スケールの発売が遅れておりますが、 試作は完成して説明書もほぼ完成していますので、あとは完成見本を作って撮影というところでしょうか。
梅桜堂のペーパーキットを塗装する場合、パーツを切り取る前に塗装しておくことを推奨しています。 今回は「荒物屋1/150」を例に、その工程をご紹介します。 最初に塗装をして、その後は説明書通りに組み立てるだけですので、組み立ての詳細につきましては説明書をご覧ください。 では早速。 ↓全パーツになります。
製品のご紹介 · 2020/07/16
「荒物屋」に続き「3軒続きの看板建築」も1/150への展開を進めておりまして、 試作がほぼ完成しました。

さらに表示する