製品のご紹介

製品のご紹介 · 2020/10/29
動物フィギュアの販売を開始しましたのでお知らせいたします。 1/48スケールの3Dプリント製品(未塗装)になります。
製品のご紹介 · 2020/09/27
「3軒続きの看板建築」 1/150スケールの販売を開始しました。 既に販売している1/80、1/87スケールからの展開になります。 1/80、1/87の繊細さを残しつつも、凹凸を強調して各パーツも少し大きめにデフォルメしたので、 手のひらサイズで何となくかわいらしいイメージになりました。...
製品のご紹介 · 2020/09/26
「縁台」と「路地入口の門」を発売しましたのでお知らせいたします。 「縁台」は約1/83、「路地入口の門」は1/150と約1/83がございます。 梅桜堂の建物キットは、HOゲージ用としては1/80と1/87があるのですが、 そこまで厳密なスケールが必要ないと思われるアクセサリーについては、 両方対応できるように約1/83としています。...
製品のご紹介 · 2020/09/03
久しぶりに完成見本を作る機会がありました。 せっかくなので軽く撮影しておきました。 しばらく1/150の制作を進めていたので、1/80は迫力がありますね。 ↓「中島商店」と「荒物屋」の1/80
製品のご紹介 · 2020/08/16
なんだかんだと忙しく、「3軒続きの看板建築」1/150スケールの発売が遅れておりますが、 試作は完成して説明書もほぼ完成していますので、あとは完成見本を作って撮影というところでしょうか。
製品のご紹介 · 2020/07/16
「荒物屋」に続き「3軒続きの看板建築」も1/150への展開を進めておりまして、 試作がほぼ完成しました。
製品のご紹介 · 2020/06/24
看板建築シリーズ②「荒物屋」1/150の販売を開始しましたのでお知らせいたします。 既に発売していた1/80、1/87スケールからの展開になります。 完成サイズは設置ベースを含め、幅50mm×奥行71mm×高さ62mm。 1/150用に各所寸法を調整しているのですが、 1/80、1/87の繊細さを残しつつ、少しかわいらしい雰囲気になりました。...
製品のご紹介 · 2020/06/12
梅桜堂のペーパーキットを塗装する場合、 組みやすさの観点からパーツを切り取る前に塗装しておくことをお勧めしていますが、 ある程度組み立ててから塗装した方が効率はよいです。 (ただし組間違えがないように、より注意が必要になります。) 私の場合は下の写真くらいまで組んでから塗装しています。 中島商店1/150スケールになります。...
製品のご紹介 · 2020/06/11
看板建築シリーズ第二弾「荒物屋」の1/150展開試作になります。 1/80、1/87からできるだけパーツ数を減らし、 組み方も改良しましたので、大分組みやすくなったかと思います。 柱頭装飾は細かすぎるので、3Dプリント製にしました。
製品のご紹介 · 2020/05/19
梅桜堂の接着剤スタンドのご紹介です。 ペーパーキットを組み立てる際の接着剤は、木工用ボンドを爪楊枝の先で点付けしたりもしますが、 アルテコ速乾アクリアスティック(又はタミヤクラフトボンド)を多用しています。 持ちやすいサイズと先細ノズルで大変使いやすいのです。...

さらに表示する